読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都でベッピンに触れる

京都迎賓館が公開されているので行って来ました。

f:id:harumxyz:20170216164746j:image

場所は京都御所の中で、東側にありました。入り口で予約メールを見せると、地下に案内されます。

f:id:harumxyz:20170216164910j:image

f:id:harumxyz:20170216164943j:image

地下で1500円を支払い、セキュリティチェックを受けて、禁止事項の説明があり、その後15人ほどのグループで館内ツアーを行います。

f:id:harumxyz:20170216165212j:image

そして、これから数々の『べっぴん』を見ることになるのです。京都迎賓館は2005年完成の現代風和風建築で、京都の一流の庭師、建具師、大工による一流の材を使用して建てられた建造物てす。さらにここにしかない美術品たちにため息がでるのでした。

 

入り口ドアは樹齢700年の欅の一枚板です。玄関から回廊を通って最初は聚楽の間、いわゆるロビーです。行灯のような照明は折り紙をイメージしてます

f:id:harumxyz:20170216170550j:image

 

f:id:harumxyz:20170216170621j:image

竹工芸の花かごは人間国宝早川尚古斎の作品、海外から賓客がくるときは、お花いっぱい🌸にいけられます。ソファは西陣織です。

次の夕映えの間は大臣などの会議に使われます。

f:id:harumxyz:20170216171258j:image

f:id:harumxyz:20170216171339j:image

f:id:harumxyz:20170216171409j:image

壁面は絵ではなく西陣つづれ織で、東側は比叡山、右は愛宕山の夕日です。廊下から広大な池が見えます。そう、建物はこの池を囲むように建てられています。次は藤の間、洋食の晩餐会が開かれる部屋です。

f:id:harumxyz:20170216172010j:image

f:id:harumxyz:20170216172059j:image

f:id:harumxyz:20170216172137j:image

f:id:harumxyz:20170216171952j:image

正面は幅16.6m高さ3.1mのつづれ織、藤の花より真っ赤な牡丹の花が印象的です。床にも藤の花が散った模様が描かれています。舞台の檜の扉には人間国宝江里佐代子の截金(キリガネと読みます)がさりげなく飾られてますよ。

f:id:harumxyz:20170216173048j:image

釘隠しも豪華、ふすまは全て美濃和紙です。

f:id:harumxyz:20170216173127j:image 

 

 f:id:harumxyz:20170216222812j:image

f:id:harumxyz:20170216222953j:image

次は桐の間、和食の晩餐会の行われる部屋です。中央には漆の一枚仕上げのテーブル、掘りごたつ形式の座、座椅子の背には政府の紋章、五七の桐が蒔絵で小さく描かれています。f:id:harumxyz:20170216223626j:image

f:id:harumxyz:20170216223647j:image

f:id:harumxyz:20170216223724j:image

f:id:harumxyz:20170216223759j:image

 

最後に池にかかる橋をわたります。池には錦鯉がたくさん、賓客はここでコイに餌やり体験をします。

橋の天井には隠し絵が隠れてます。

f:id:harumxyz:20170216224042j:image

f:id:harumxyz:20170216224318j:image

f:id:harumxyz:20170216224449j:image

f:id:harumxyz:20170216224540j:image

橋を渡ると舟があり、池を周遊できるそう

f:id:harumxyz:20170216224740j:image

f:id:harumxyz:20170216224831j:image

見学コースはこれで終わり。後ろからついて来た警備員さんには、膝をついて写真をとったら、怒られましたが、カメラを褒めて頂きありがとうございました😊

 

 f:id:harumxyz:20170216224916j:image

 

今夜は鴨川沿いのリッツカールトンに宿泊です。もちろんべっぴんのホテルです。それは宿泊の数ヶ月前から始まります。メールでこちらの希望を聞き、何でもリクエストしてと打診があり、滞在中のスケジュールの相談や、楽しみ方の提案、チェックインもチェックアウトも待たないよう電子手続もうけいれます。確かに高いですが、サービス料かなあと思います。

f:id:harumxyz:20170217221531j:image

お部屋はアップグレートしてもらったようで5階のガーデンスイートになりました。こりゃラッキー^_^

横長の室内は3つ、北側がバスルーム、中央がリビング、南側がベッドルーム。ベランダというか外にミニ日本庭園です。

f:id:harumxyz:20170217222221j:image

f:id:harumxyz:20170217222243j:image

f:id:harumxyz:20170217222259j:image

f:id:harumxyz:20170217222328j:image

部屋の備品も素晴らしいです。調度品は迎賓館を見た後なので、、、いやいや、すみません。

f:id:harumxyz:20170217222901j:image

ドア🚪とか、幾何学模様が特徴的です。

f:id:harumxyz:20170217222806j:image

夜景がとてもキレイでした🌟

f:id:harumxyz:20170217222636j:image

f:id:harumxyz:20170217222706j:image

でも、ここの売りはサービスですからね。

外人宿泊客がほとんどでした。スタッフはもちろん英語が堪能ですネ。ただ隣国の大声で話す団体さんがやはりいやっしゃり。それでも笑顔対応がステキなスタッフさん^^;

 

べっぴんさんはこの街にお似合いです。地元の方の美意識と自意識の高さが、べっぴんさんを生み出すんだなあと思いました。