幸せな旅

時間の使い方は、みな違う。それが個性だと思う。私は仕事をしながら時間を作って旅をすることが、何より好き。幸せな旅とは、自分で作った旅。失敗もあり感動もあり、そんなブログです。

北京2019ー2日目 万里の長城

国慶節直前の北京の2日目です。

ホテルはフォーシーズンズ北京、ラウンジアクセス付きツインルームで1泊2200元(税抜き)です。

すごくいい睡眠をとったようで、スッキリ目覚めました。すごく良いベッド♪

f:id:harumxyz:20190923175106j:image

さすが睡眠の質にこだわっているだけあります。

 

朝食は1階レストランで

インターナショナルバッフェです。

f:id:harumxyz:20190929205216j:image
f:id:harumxyz:20190929205158j:image
f:id:harumxyz:20190929205154j:image
f:id:harumxyz:20190929205213j:image
f:id:harumxyz:20190929205209j:image

f:id:harumxyz:20190929212731j:image

f:id:harumxyz:20190929205202j:image

今日は点心類を中心にいただきました。

 

観光のため車をチャーターで頼んであります。万里の長城頤和園、オリンピックの鳥の巣スタジアムを見に行きます。

f:id:harumxyz:20191007222115j:image
f:id:harumxyz:20191007222112j:image

運転手さんは、まったく日本語はできません。英語もOKとか、簡単な単語しか話せませんでした。一抹の不安の中、出発

万里の長城は、有名なのは八達ですが、空いている慕田峪にいきました。

高速道路に乗って1時間半くらいで到着しました。ここで運転手の親玉風の男性が待ってました。日本語を流暢に話す中国人で、山頂への行き方を説明してくれました。電話番号も交換して何かあったら電話してね、と。少しだけ安心して、観光続行。まず、シャトルバスに乗ってリフト乗り場まで行きます。次にリフトかロープウェイに乗って城壁の上に到着です。リフトはスキー場のアレと一緒です。

f:id:harumxyz:20191007222159j:image
f:id:harumxyz:20191007222156j:image
f:id:harumxyz:20191007222204j:image

階段は想像以上に狭くて急です。中国特有?10cmはあるゲジゲジが沢山いて怖い!踏んでしまいそう。

カンカン照りで汗だく💦、でも大昔にこれを作った人々の苦労を想像したら、大した事ではないと反省して30分ぐらい頑張って先に進みました。沢山写真を撮り、世界遺産を堪能しました。

f:id:harumxyz:20191007222358j:image
f:id:harumxyz:20191007222341j:image
f:id:harumxyz:20191007222337j:image
f:id:harumxyz:20191007222334j:image
f:id:harumxyz:20191007222346j:image
f:id:harumxyz:20191007222330j:image
f:id:harumxyz:20191007222354j:image
f:id:harumxyz:20191007222351j:image

 

次に向かったのは頤和園西太后が造らせたサマーパレスです。

 

f:id:harumxyz:20191007222418j:image
f:id:harumxyz:20191007222450j:image
f:id:harumxyz:20191007222438j:image
f:id:harumxyz:20191007222422j:image
f:id:harumxyz:20191007222426j:image
f:id:harumxyz:20191007222430j:image
f:id:harumxyz:20191007222434j:image
f:id:harumxyz:20191007222415j:image
f:id:harumxyz:20191007222412j:image
f:id:harumxyz:20191007222441j:image

日曜なので大勢の人がいました。中国人ばかりです。地方から見にくるのでしょうね。すごく広い、1時間くらい歩きました。暑いのでアイスを買ったりお茶を買ったり。現地の人が何を買っているかじっと見ていて、一番人気のアイスを買いました(^^)

 

鳥の巣は北京オリンピックのメインスタジアムの愛称です。オリンピック公園の外から眺めるだけでした。周囲を有刺鉄線が取り囲み警備も厳重でした。

f:id:harumxyz:20191007222614j:image
f:id:harumxyz:20191007222606j:image
f:id:harumxyz:20191007222603j:image
f:id:harumxyz:20191007222611j:image

 

ホテルに戻って、疲れたのでラウンジで軽くスナックを食べました。

f:id:harumxyz:20191007222710j:image

天安門広場は慶節パレードのリハーサルで閉鎖、その周囲の道路も地下鉄も全て閉鎖されるそうです。外食はできそうもありません。なのでホテルに缶詰ですが、居心地の良いホテルなので問題ないです。ジムに行ったり、ゆっくりお風呂に入って過ごしました。

f:id:harumxyz:20191007222841j:image
f:id:harumxyz:20191007222848j:image

部屋のテーブルにお詫びの手紙が。
f:id:harumxyz:20191007222845j:image

ホテルは中抜け構造。シンガポールのマンダリンオリエンタルみたいです。
f:id:harumxyz:20191007222851j:image

今夜は食事もラウンジでお終い。レストランでは北京ダックは1時間待たないといけないと聞いて辞めました。青島ビール🍺、イタリアの赤ワイン🍷を飲みすぎました。

f:id:harumxyz:20191007222951j:image
f:id:harumxyz:20191007222956j:image
f:id:harumxyz:20191007222953j:image
f:id:harumxyz:20191007222948j:image

フォーシーズンズホテルは大変高級ホテルですが、アジアは割とリーゾナブルな価格で泊まれます。今回初めて泊まって、評価が高い理由がわかりました。まず寝具が最高。ruffles hotelに泊まった時に感じた至高のリラックスを味わえます。私はいつも夜中に少なくとも3回は目が覚めますが、大きいベッドをゴロンして、冷んやりしたサイドに移動すると、あっという間に眠れます。悪い寝具だと中々寝つけません。

次にスタッフの教育がしっかりしています。例えばバーに行って部屋付けでオーダーすると、すぐ名前を調べてくるのでしょう。次の注文を取りに来る時は名前を呼んでくれます。ラウンジでもそうです。これはボンボイグループではされた事はありません。シンガポールのスモールホテルではありましたが。

3つ目はチエックアウトが早い事。というか、チエックアウト儀式は無しです!鍵を返して終わりです。

 

 

 

 

北京2019 初日

9月の連休を利用して北京に行きました。6ヶ月前に予約したので予約クラスXというビジネスでも最安の往復45000円のお得チケットです。しかもFOP125%加算されるのでマイラーには嬉しい。

ただ、、このtripには重大な問題があった事を、現地に着いて知ることになるのでした。

 

土曜の仕事を終え、夕方のフライトです。羽田空港国際線ターミナルはすっかり秋化粧ですね。紅葉🍁を見て気分もUP⤴︎

 

f:id:harumxyz:20190922161440j:image

 

JALスカイビューラウンジが改修工事をしているので、本館112番ゲート付近のラウンジのみとなります。軽くおつまみとシャンパンをいただきます

f:id:harumxyz:20190922173023j:image

さて搭乗。近距離アジアのJAL機材は767が多くて、Cクラスのシートも古いのが残念ですが。

f:id:harumxyz:20190922161517j:image
f:id:harumxyz:20190922161416j:image

イスを倒すのは電動ではなく、昔ながらのボタンを押します。


f:id:harumxyz:20190922161348j:image

今月のスカイワードはポーランド🇵🇱、いつか行きたいですね。

 

離陸前の走行中に、空港格納庫にA350の緑色ロゴの3号機を見つけました!これはラッキー。

f:id:harumxyz:20190922161549j:image

映画を観るモニターは古めかしく、シートの右ハンドレストに収納されてました。これだと画面が目の前に来るので近すぎ、、なんだか目に悪い気がします。映画はコンフィデンスJP、長澤まさみの渾身の悪役も、なんか嘘くさいけど、全部香港ロケですし、私も何度も騙されたストーリーは最高でした。
f:id:harumxyz:20190922161431j:image

食事は一度に全部(スープ、前菜、メイン、ハーゲンダッツまでギューギューに)もってきました。飛行時間が短いから?
f:id:harumxyz:20190922161524j:image

JALの牛肉は柔らかくて美味しくて大好物です。今日はマデラソースでした。他は特にコメント無し📝。

北京国際空港到着、夜8時、ガラス張りで美しいかなり大きい建造物ですね。ですがこれでも手狭になったらしく、10月に新空港が場所を変えてオープンするそうで。さすが中国、土地は沢山あるで〜!人も多いよ〜。
f:id:harumxyz:20190922161534j:image

夜なので街までタクシーに乗りましたが、これが最初の失敗。10月1日に行われる国慶節のリハーサルをやっているとのこと。こんな夜に、いや、夜だから?乗車して10分もしないうちに、高速道路が通行止になりました。英語の話せない運転手と中日語翻訳アプリを使って筆談するハメに。

f:id:harumxyz:20190922161408j:image

そこでパレードの予行練習をしているとわかりました。大陸横断ミサイルの展示とか、この道通って行くのですって。運転手は、じっと待つしかない、と言って外へタバコを吸いに行きました。みんな、文句を言わず静かにじっと待っています、これが国家権力なんですね。

f:id:harumxyz:20190922161448j:image
f:id:harumxyz:20190922161359j:image

40分ぐらい待ちましたか、、やっと動きました。やれやれ。さて、ホテルへ!

フォーシーズンズホテルに着いたのは9時半過ぎでした。疲れてますが初のホテルにワクワクです。綺麗な英語を話すフロントにホッとして、部屋に入りました。

f:id:harumxyz:20190922161541j:image
f:id:harumxyz:20190922161454j:image

ハード面は5つ星ホテルらしい装いです。とにかくノドが乾いていたので、1階のバーに行きました。暑いのです、北京は。なので爽やかモスキートを注文しました。部屋づけを告げると、スタッフがこちらの名前を調べてきて、以後ずっと名前で呼んでくれました。これがフォーシーズンズポリシーかな?

ミントの葉っぱを何十枚潰したの?ってくらいグラスの下にギッシリ敷かれてます。美味しいですけど、カクテルとしては、、75点ですね。

f:id:harumxyz:20190922161353j:image f:id:harumxyz:20190922161557j:image
f:id:harumxyz:20190922161424j:image

2019は別府から 1月

土曜日の仕事を終えて羽田へ。大分までJL669に乗り18時30分着。レンタカーを借りて別府市内まで小一時間かかり、遅い到着(8時)になりましたが、ホテルのレストランで食事ができました。

f:id:harumxyz:20190908211359j:image
f:id:harumxyz:20190908211408j:image
f:id:harumxyz:20190908211426j:image
f:id:harumxyz:20190908211422j:image
f:id:harumxyz:20190908211419j:image
f:id:harumxyz:20190908211430j:image

日田柿、関アジ、カボス鰤、豊後牛、安心院産ひのひかり、などなど地元ブランドの食材を味わった。酒はJR九州ななつ星』でサーブされる玄亀、どうも焼酎の国大分の日本酒は、さっぱりし過ぎるかな?

温泉につかって就寝。

 

翌日はゴルフ

別府湾、地獄温泉を見下ろす大変眺めがいいコース。遠くに温泉湯気が立ち昇ってる♨️

f:id:harumxyz:20190908212803j:image
雨も止んで、結構早いグリーンで難しいです。
ランチのちゃんぽんは、東京で食べるものとは、スープが違う?トンコツが濃くて美味しい

f:id:harumxyz:20190908212627j:image
f:id:harumxyz:20190908212724j:image

 

 

ゴルフ場のいたるところにハングル語表示があるのは、大分空港が韓国の3空港(仁川、釜山、務安)に路線を持っているから。そして、韓国に大分が人気なのは、別府湯布院阿蘇の観光地があるから、で、あってますか??

f:id:harumxyz:20190908212557j:image
f:id:harumxyz:20190908212551j:image

 

九州しょうゆ

夫は熊本出身なので、今でも刺身は九州醤油です。東京で売っているのは、なんか違うらしく、せっかく来たので地元スーパーへ。色々あるけど、やはりフンドーキンの甘口を買いました。

f:id:harumxyz:20190908212528j:image

 

ホテル白菊

S25年創業なので、建物自体は古い。でもH20年に内装工事をしていて、部屋は清潔で水回りも問題ない。温泉は41.5度と熱く、露天風呂は大きめ。食事処4カ所と連泊しても飽きない。スタッフは年配のベテランさんが沢山いて、良い挨拶、気配り、笑顔のサービスを提供している。


食事は刺身は薄い(//∇//)が、魚の煮物は素晴らしい。豊後牛のしゃぶしゃぶ、〆の雑炊は完食(^^)朝食は、種類は多い方ですが全部薄味(-.-;)

期待していなかったけど、コスパよく高評価ですね。

f:id:harumxyz:20190908211807j:image
f:id:harumxyz:20190908211804j:image

f:id:harumxyz:20190908212457j:image
f:id:harumxyz:20190908211801j:image

 

ランチ

地獄蒸し温泉卵サンド、地獄蒸しプリン🍮

f:id:harumxyz:20190908211835j:image

これはおいしいわ!

 

地獄めぐり

海→鬼石坊主→白池→鬼山→かまど→血の池→龍巻地獄の順

f:id:harumxyz:20190908212408j:image
f:id:harumxyz:20190908212419j:image
f:id:harumxyz:20190908212423j:image
f:id:harumxyz:20190908212401j:image
f:id:harumxyz:20190908212428j:image
f:id:harumxyz:20190908212438j:image
f:id:harumxyz:20190908212414j:image
f:id:harumxyz:20190908212434j:image
f:id:harumxyz:20190908212442j:image
f:id:harumxyz:20190908212405j:image
熱湯、湯気の迫力は想像以上でした。別府の地下には恐ろしいパワーが存在しているのね。
湯気のせいか気温も高く暑かった!

冬の別府はとても温まりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年末年始のランカウイ島

数ヶ月前、友人の話を聞いていたら、行きたくなって、年末にランカウイ島へ。

マレーシア🇲🇾らしく人は優しく、食は美味しく、物価は安く、なんといっても友人おすすめのホテル The Danaのオモテナシが素晴らしかった!

 

day1 旅立ち

 

1週間ぶりの成田空港😆プレミアになったので初めてファーストクラスラウンジを利用しました!

f:id:harumxyz:20190818220755j:image

サクララウンジとは全然違い、空いていて、食事は種類が沢山あります。「英国王室御用達」のマークが上部に見られるローラン・ペリエ ラキュベ。グランシエクルがあるという噂があったが、見当たりません😓

f:id:harumxyz:20190818220811j:image      f:id:harumxyz:20190818220823j:image

今日は1日移動です。KULまで8時間、乗り換えてランカウイ島までいきます。

深夜空港到着、ホテルから無料のお迎えが来てくれました。

 

day2

f:id:harumxyz:20190818221058j:image

朝はこんな感じです。
部屋からの景色が素敵です!

f:id:harumxyz:20190818222104p:image
朝食、カレー?みたいなの結構辛いです^^;

プールでゆっくりすごし、ランチはなかなか迫力があるペスカトーレ🍝食べばかりですね。

f:id:harumxyz:20190818222149j:image

午後からおでかけ

 

ホテルから見える山の上、車で5分のところにいろんな観光施設がありました。

3D art館はインスタ映えする写真がとれます。

f:id:harumxyz:20190818222427p:image

f:id:harumxyz:20190818222649j:image

ケーブルカーはかなり怖いの😰。頂上で降りると、そこにはSKY BRIDGEがあり、あまり好きじゃないんですけど渡りました。

 

day3

 

今年のうち納めは、マレーシアにて。島で2番目に大きいコースに、タクシー30分でした。

f:id:harumxyz:20190818222534p:image

レンタルクラブとカート、プレーフイ2人合わせて250リンギットです(安い)。タイに近いけどキャディーはいなく、カートセルフ、体感温度40度くらい?日本の埼玉での夏ゴルフと同じ感じね、暑すぎてほかに誰もいません😂

f:id:harumxyz:20190818222614j:image

ラフでボールを沢山なくして18番では最後の1個でプレーしてました。

f:id:harumxyz:20190818222737j:image

 

ホテルにまたタクシーで帰りました。プールサイドでは、今夜のGALA dinnerの準備が進んでます。バンドが入って飲み放題、食べ放題のどんちゃん騒ぎ年越しパーティーですねー。 一寝入りしなきゃ😎

f:id:harumxyz:20190818225818p:image

31日のパーティー、左からSwedenから来た夫婦、夫はコンクリート会社の経営者、妻はschool nurseさん、私の右側はシドニー出身でシンガポール で食品会社をやっている家族。息子は15歳、拙い英語で4時間も喋りました😅一緒に踊ったりして仲良くなり、最後はハグして頬にチューして別れました。外人慣れしてきた ?いや、勉強しないといけないね、来年は英語塾も行くか。

カウントダウンは派手に音楽と花火でした🧨、日本の1時間遅れです、派手に新年を迎えました😆こういうのも好きです😎明けましておめでとうとございます!

 

day4

 

A happy new year!

昨晩はカウントダウンまで起きていたので、寝坊しました。全く元旦らしくないランカウイ島です。ただFOPが0に変わったので、1月1日になったと実感しました😆 今年も無理やり時間を作り世界に出て、色んな国の人と交流したいと思います。

f:id:harumxyz:20190818225906j:image

 

夕からクルージングに行きます。

数10年程前にオアフ島でサンセットクルーズをした記憶があります。しかしlangkawiのはイメージが違いました、クルーザーなんです。

f:id:harumxyz:20190818223146j:image   f:id:harumxyz:20190818230628p:image f:id:harumxyz:20190818223225j:image

甲板に適当に座るスタイルで、アイランドホッピングをしながら1時間くらい走りました。島々の風景は松島のそれと似てなくもない😉ジャグジー付きなので水着持参と聞いていたので、探したが船内にはない。なんと船の後ろに網があってそこに入り、引っ張ってもらうスタイル⁇海水なのね。でも折角なのでトライした。あったかい海水で、船にガンガン引っ張られ、ずり落ちて、溺れそうにもなり、頭から全部濡れました🙃バーベキューは美味しくて、後は陽が落ちるまで、クルージングを楽しみました。おススメです。

f:id:harumxyz:20190818223249j:image

f:id:harumxyz:20190818223306j:image

f:id:harumxyz:20190818223325j:image
夕日は感動物でした(╹◡╹)♡

 

day5

 

Mangrove Geopark Trip By Boatツアーに1人で参加。

f:id:harumxyz:20190818224616j:image

f:id:harumxyz:20190818224633j:image

f:id:harumxyz:20190818224648j:image

f:id:harumxyz:20190818224808j:image

f:id:harumxyz:20190818224839j:image

コウモリの洞窟、イタズラなlong tail monkey、イーグル🦅、無人島で水泳、フローティングレストランでランチ、盛りだくさんでした。ホテルに帰ったらチェックアウトにギリギリ間に合いました。でも、その後無料でシャワーを使わせてもらい、帰国の飛行機まで時間があるので、ホテルで快適に待たせてもらいました。最後飯は、nasi goreng

f:id:harumxyz:20190818224945j:image
日本人のスタッフもいて、心強かったです。
機会があればまた来たいです(^。^)

f:id:harumxyz:20190818225020j:image

f:id:harumxyz:20190818225112j:image

40分delayでランカウイ島を出発、マレーシア航空でクアラルンプールまで1時間です。

クアラルンプール空港は広いからtrainで移動します。30分しかないけどCathayのラウンジで夕食を食べて(やっばり美味しいわ)JAL機内では、すぐ寝ました。ボールペン貰ってご機嫌で帰りました。

f:id:harumxyz:20190818225137j:image

 

2018.11月 シンガポール、香港

世界一周、たぶん1度はやってみたい事、に必ずランクインする。

ワンワールドでも、スカイチームでも、スターアライアンスでも、世界一周定額料金を設定していて、ビジネスクラスが大体80数万円である。たくさんの国を時間をかけて巡れば、とってもお得です。ですが、わたしは仕事があるから、マックス10日間しか休めないので、2回に分けて使うことにしました。

1回目は2018年11月 HND〜SIN〜HKGです。

2回目は2019年のGWにHKG〜PAR〜LHRトロントJFK〜NRTです。

 

2018年11月某日、仕事帰りの深夜便で出発します。羽田も出国審査がすっかり顔認証になっていて、早くていいですね。

f:id:harumxyz:20190710220843j:image
ここは国際線ターミナルが成田と違って系列の異なるエアラインが全部一緒だから、珍しい制服のCAが歩いていて、私には新鮮です。夜だとサクララウンジワンワールドのラウンジとして機能していて、外国人が沢山います。シャワー浴びて、ちょっと寝酒を飲んで、0:05発JL35に乗り込みました。

チャンギ空港ATMでシンガポールドルを引き出し、タクシーでホテルに荷物を預け、すぐ観光に行きます。

 

Singapore Flyer


乗る前は期待していなかったが、意外に感動しました。黒川紀章設計、三菱の部品でできた世界で2番目に大きい観覧車、30分で一周します。最初晴れてましたが、雨期なのですぐ雨雲に覆われ、遠くの外国船🚢が霞みます。マリーナベイサンズ屋上くらいまで、上がります。

 

f:id:harumxyz:20190710223311j:image


f:id:harumxyz:20190710223404j:image
f:id:harumxyz:20190710223340j:image
f:id:harumxyz:20190710221237j:image
f:id:harumxyz:20190710223324j:image
f:id:harumxyz:20190710223327j:image

そしてマーちゃん(^-^)

f:id:harumxyz:20190710223451j:image

流石フォトジェニックです

 

つぎは、一番楽しみだったシンガポール 国立植物園に行きました。一応、ガーデニングが趣味なのです😘

室内はとても広く、沢山の種類のオーキッドが咲き乱れていました。東京ドームのラン展のようにしおれてないし、ずっと見ていたい、写真を撮っていたかったです。
f:id:harumxyz:20190710223447j:image
f:id:harumxyz:20190710223330j:image
f:id:harumxyz:20190710223320j:image
f:id:harumxyz:20190710221227j:image
f:id:harumxyz:20190710223346j:image
f:id:harumxyz:20190710223454j:image
f:id:harumxyz:20190710223351j:image
f:id:harumxyz:20190710223434j:image

いったんホテルに帰り、休憩して、夜の部開始。現地ツアーに参加です。まず有名なシーフードの店でチリクラブ🦀など。指^_^しゃぶるくらい美味しかった。

f:id:harumxyz:20190710223307j:image
f:id:harumxyz:20190710223411j:image
f:id:harumxyz:20190710221231j:image
f:id:harumxyz:20190710223400j:image
f:id:harumxyz:20190710223419j:image
f:id:harumxyz:20190710223344j:image
クラークキーからマーライオン公園までの屋形船でクルーズ。夜風が気持ちいい。
f:id:harumxyz:20190710223424j:image
f:id:harumxyz:20190710223313j:image

ナイトクルーズをしていると、リバーサイドに素敵な店が沢山あって、食事をするのもいいなと思いました。
f:id:harumxyz:20190710223437j:image
f:id:harumxyz:20190710221252j:image

夜のマーちゃんはカッコいいですよ。マリーナベイサンズのショーは最後の3分だけ良かったです。
f:id:harumxyz:20190710223407j:image


f:id:harumxyz:20190710221243j:image
f:id:harumxyz:20190710221234j:image

ガーデンズバイザベイへ。70〜80年代の音楽にのって光のショーがあり、皆床に座って見ています。スーパーツリーは高さ50mで、雨水を集める装置だそうです。山のないシンガポール は水が足りないので、こうやって集めていて、足りない分はマレーシアから買っているんだって。f:id:harumxyz:20190710223440j:image
f:id:harumxyz:20190710223427j:image
f:id:harumxyz:20190710223303j:image
f:id:harumxyz:20190710223336j:image
f:id:harumxyz:20190710221240j:image

f:id:harumxyz:20190710223431j:image
f:id:harumxyz:20190710223444j:image
f:id:harumxyz:20190710223415j:image

夜遅くにホテルに帰りました。

 

2日目です。早朝に無料宿泊アワードのJW Marriotをチェックアウトして、Mandarin orientalに移動します。荷物を預けて、また、現地ツアーに参加します。アラブストリート、ハジレーン、チャイナタウンに連れて行ってもらいました。どこもフォトジェニックです。

f:id:harumxyz:20190711222824j:image
f:id:harumxyz:20190711222803j:image
f:id:harumxyz:20190711222820j:image
f:id:harumxyz:20190711222120j:image

f:id:harumxyz:20190711231331j:image
f:id:harumxyz:20190711222827j:image

チャイナタウンなのにヒンズー教の寺院が。
f:id:harumxyz:20190712081246j:image
f:id:harumxyz:20190711231311j:image
f:id:harumxyz:20190711222933j:image

最後はトライショーという人力車で、リトルインディアを1周しました。
f:id:harumxyz:20190712081242j:image   

プラナカン博物館も興味深いものでした。

プラナカンは、中国から来た(主に漢民族)と現地の人が結ばれて、何代も続いている家系です。現地の人はマレー半島の人達とインドネシア人、時々タイ(シャム)やインド人も含まれるようです。家具や生活用品、服などの展示があります。昔のものなのに可愛く、お洒落なものが多いので驚きます。
f:id:harumxyz:20190711231316j:image
f:id:harumxyz:20190712081249j:image

ランチはカレーとサテとエビそばとデザートです。シンガポール は何を食べても美味しいですね。


f:id:harumxyz:20190711222929j:image

 

マンダリンオリエンタル

 

朝にチェックイン手続きを済まし荷物を預けて観光し、午後にホテルに行きました。荷物は部屋に入ってますということでしたが、、、f:id:harumxyz:20190712135900j:image

ありません。問い合わせして、持っていきますと言ったのに、30分経過。だめでしよ、これは。フロントに出向き、ピックアップしてきました。

部屋はスタンダードルームでも、標準装備はキチンとしてます。
f:id:harumxyz:20190711221957j:image

ジムは大切ですが、屋外もあるのね、、暑いから誰もやらないでしょうが。
f:id:harumxyz:20190711222816j:image
f:id:harumxyz:20190712135854j:image

部屋からの眺めは大変素晴らしい!
f:id:harumxyz:20190711222102j:image
f:id:harumxyz:20190711221949j:image
f:id:harumxyz:20190711222759j:image
f:id:harumxyz:20190711222940j:image

サービスのワンドリンク券、2枚はBARで使用。ゴージャスシンガポールスリングと赤ワイン、これは点数高いです。
f:id:harumxyz:20190711222936j:image
f:id:harumxyz:20190711222003j:image
f:id:harumxyz:20190711222059j:image

翌朝は、T4からキャセイで香港に移動しました。
f:id:harumxyz:20190711231335j:image

T4スゴイですよ、近代的で!なんでも無人です。
f:id:harumxyz:20190711222010j:image
f:id:harumxyz:20190712081252j:image
f:id:harumxyz:20190711231327j:image

こちらがシート
f:id:harumxyz:20190712135857j:image
f:id:harumxyz:20190711222130j:image
f:id:harumxyz:20190711222912j:image
f:id:harumxyz:20190711222032j:image

昼食はラクサにしてみました。冷たくて、う〜ん。
f:id:harumxyz:20190711222137j:image

香港、もう日暮れですね。
f:id:harumxyz:20190711222920j:image

夕食はここで、可愛い飲茶です。
f:id:harumxyz:20190711222022j:image
f:id:harumxyz:20190711221953j:image
f:id:harumxyz:20190711222109j:image
f:id:harumxyz:20190711222113j:image
f:id:harumxyz:20190711222916j:image

ホテルのそばのスーパーに寄ります。
f:id:harumxyz:20190711222037j:image

コンプリメンタリーの可愛いお水💕
f:id:harumxyz:20190711222808j:image

最終日の朝

 

トラムがよく見渡せる歩道橋から
f:id:harumxyz:20190711222106j:image

メイドも日曜日は休みなので、たくさん集まってます。
f:id:harumxyz:20190711222056j:image

トラムに乗って北角へ。Chun Yeung Streetに入ってきました。下町の市場ですね。通りをはさんで一方は生鮮食品店、もう一方は服屋さんとか靴屋さん。店先に商品を並べるから通路は狭くて、中央を堂々とトラムがスレスレに通ります。結構危険なんだけど人間はなぜどかないのか?
f:id:harumxyz:20190711222053j:image

 

次は太古駅のモンスターマンションを見学。住人がいるので静かにね。f:id:harumxyz:20190711222041j:image

その後、中環のヒルサイドエスカレーターに乗り、
f:id:harumxyz:20190711222045j:image
f:id:harumxyz:20190712135905j:image

街歩きして沢山のウォールアートを見ました。香取慎吾さんのも。
f:id:harumxyz:20190711231340j:image
f:id:harumxyz:20190711222117j:image
f:id:harumxyz:20190711222926j:image

泰昌のエッグタルトを食べ、
f:id:harumxyz:20190711222029j:image

エアポートへ。列車でいきます。
f:id:harumxyz:20190711222134j:image

カウンターで、キャセイの人に1本前のフライトに変更を求められました。ok、してなんかクーポンをもらいました。スタバのと、キャセイで使える金券。

しかし、手続きにモタモタしてるから、搭乗時間ギリギリで、ラウンジどころではありません。キャセイのグラウンドホステスさんに連れられ、セキュリティを優先的に通り、走って走って、たった3分で搭乗口に着きました。💦
f:id:harumxyz:20190712081239j:image
f:id:harumxyz:20190711231321j:image

さらに成田到着時は、キャセイスタッフにお出迎えして頂き、手配してもらった無料タクシー🚕でかえったのでした。お終い。
f:id:harumxyz:20190711222026j:image

 

 

2018.9月 ジャカルタ

初、インドネシアジャカルタへ。Rafflesはシンガポールで有名なホテル、ほかにパリ、イスタンブールセイシェルなど11カ国にあります。Accor hotelsグループのトップブランドです。トリップアドバイザーでジャカルタのホテル1位評価だったので泊まってみました。

f:id:harumxyz:20190623211839j:image

一番スタンダードな部屋、深夜に到着です。
f:id:harumxyz:20190623211912j:image

リビングがあります!
f:id:harumxyz:20190623211854j:image

バスタブが深い!
f:id:harumxyz:20190623212127j:image

目覚めの風景です。
f:id:harumxyz:20190623212130j:image 

ベッドサイドも美しい

f:id:harumxyz:20190623211859j:image

朝食はレストランで
f:id:harumxyz:20190623211851j:image

インドネシアらしい像。

f:id:harumxyz:20190623211928j:image
f:id:harumxyz:20190623212134j:image
f:id:harumxyz:20190623211843j:image
f:id:harumxyz:20190623211945j:image
f:id:harumxyz:20190623211936j:image
f:id:harumxyz:20190623211902j:image

エレベーターホール
f:id:harumxyz:20190623211848j:image

水回りの備品
f:id:harumxyz:20190623211931j:image

ウオシュレット
f:id:harumxyz:20190623212137j:image

喫茶室

f:id:harumxyz:20190623211924j:image
f:id:harumxyz:20190623211941j:image

たまたまウエディングに遭遇
f:id:harumxyz:20190623211916j:image

ゲートのセキュリティ頑丈でした。
f:id:harumxyz:20190623211920j:image

スタッフがいいです(^.^)挨拶の後に必ず何か役に立てないか、聞いてきます。こちらの要求の先まで読んで、提案してくれます。一人で食事をしていると沢山話しかけてきて、話し相手をしてくれます。洗練されたアートにあふれています、また、来よう(^。^)

6日目、ロンドン、ユニバーサルスタジオ編

みんな大好きハリーポッターシリーズの撮影はロンドンと、その近郊(オックスフォード、レイコックなど)、そして主にはワーナー・ブラザース スタジオ(現在の名称)で行われました。現在もセットがそのまま保存されていて、一般公開されています。入場するには「ワーナーブラザーズ・スタジオツアー」に参加する必要があり、入場時間が決まっています。早速、公式ホームページから見学予約をしようとしましたが、かなり先までsold outでした。なのでveltraの英語ツアーに申し込みました。

ユーストン駅(Euston)、電光掲示板の下に集合です。行き帰りの切符を渡されて、ワフォードジャンクション駅(Watford Junction)に来てね、という事でした。掲示をみて、ホームに行って乗車しましたが、15分くらいしてから気がつきました。各駅停車?他のツアー客がいない?電車間違えたのかしら?

写真はオーバーグラウンドの車両。これに乗ったのが間違いだったよう。本当はLondon and North Western Railwayに乗れば25分で到着したのね

f:id:harumxyz:20190517193434j:image


f:id:harumxyz:20190517193218j:image

ともかく、ノンビリと1時間かかってWatford Junctionに到着。やはり誰もいませんでした。置いていかれたなぁと思いつつ、駅前のスタジオ行きシャトルバス乗り場に行って、係の女性に話しかけました。そしたら、なんと私達のことを頼まれていたようで、ともかくバスに乗りなさい!と言われました。10分くらいでスタジオに着き、そこでツアーガイドが待っていてくれました。良かった〜  さあ入場です。

足跡が後から付いてくるような、錯覚を起こすエントランス。
f:id:harumxyz:20190517213109j:image

ウェイティングホール、日本語のオーディオガイドを借りました。
f:id:harumxyz:20190517193102j:image
f:id:harumxyz:20190517141946j:image

入場すると、皆んな一斉に短編映画を見せられます。その後、映画セットのある部屋に入れます。最初はホグワーツ魔法学校の大広間。登場人物の人形があり、その後は実際の使われたセットが続々と出てきます。

f:id:harumxyz:20190517193225j:image
f:id:harumxyz:20190517192720j:image
f:id:harumxyz:20190517141931j:image
f:id:harumxyz:20190517141940j:image

f:id:harumxyz:20190517213102j:image
f:id:harumxyz:20190517193327j:image
f:id:harumxyz:20190517192717j:image
f:id:harumxyz:20190517193347j:image
f:id:harumxyz:20190517192730j:image

f:id:harumxyz:20190517193110j:image
f:id:harumxyz:20190517193221j:image
f:id:harumxyz:20190517193106j:image
f:id:harumxyz:20190517213050j:image
f:id:harumxyz:20190517141926j:image
f:id:harumxyz:20190517213117j:image
f:id:harumxyz:20190517141936j:image
f:id:harumxyz:20190517193042j:image
f:id:harumxyz:20190517193228j:image
f:id:harumxyz:20190517193212j:image
f:id:harumxyz:20190517192703j:image
f:id:harumxyz:20190517193046j:image
f:id:harumxyz:20190517193426j:image
f:id:harumxyz:20190517193350j:image
f:id:harumxyz:20190517193036j:image

ね、素晴らしいですよね。見覚えのあるセットが次々と出てくるのです。
f:id:harumxyz:20190517193240j:image
f:id:harumxyz:20190517193331j:image
f:id:harumxyz:20190517192706j:image
f:id:harumxyz:20190517193237j:image

f:id:harumxyz:20190517213047j:image

さて、ホグワーツエクスプレスは中に入れます。
f:id:harumxyz:20190517213112j:image

キングスクロス駅の9と4分の3番線、いっぱいあるから写真取り放題です。
f:id:harumxyz:20190517193335j:image

列車の中です。
f:id:harumxyz:20190517192659j:image
f:id:harumxyz:20190517193317j:image

f:id:harumxyz:20190517193231j:image
f:id:harumxyz:20190517193052j:image
f:id:harumxyz:20190517193113j:image
f:id:harumxyz:20190517193423j:image
f:id:harumxyz:20190517193416j:image

やっと休憩場所。バタービールはもちろんノンアル

f:id:harumxyz:20190517193410j:image

よく見て、糸でつるされています。
f:id:harumxyz:20190517213058j:image
f:id:harumxyz:20190517193342j:image

f:id:harumxyz:20190517193353j:image
f:id:harumxyz:20190613214419j:image

来て良かった!どうもありがとうです。
帰りはNorth Western Railwayでユーストン駅まで30分で着きました。さて、メイフェアに戻り近くのビートルズゆかりのビルに行きます。
f:id:harumxyz:20190517193356j:image

この重厚な建物はBurberryです。ここを左折すると、今は洋服屋さん、アバクロになっている3 Savile Rowビルがあります。ビートルズのアップル Corp.だったところで、彼らがビルの屋上でライブコンサートをやった場所です。

f:id:harumxyz:20190517141943j:image
    f:id:harumxyz:20190517213054j:image

f:id:harumxyz:20190517192724j:image

今夜はワン オルドウィッチ ホテル 1 Aldwych HOTELに泊まります。新しくて品格のあるいいホテルだった、また泊まりたい。

f:id:harumxyz:20190613221341j:image